京都で開業の無料相談!創業融資、会社設立、開業手続きご相談下さい

弊事務所では、毎月さまざまな業種の方の開業のサポートを行っております。

そこで、今回は創業融資、会社設立、開業の3点にポイントを絞ってお伝えします。


京都で創業融資を受けるときの注意点

京都で開業する場合は、とくに初期投資と運転資金が高額になる傾向があります。

そこでこの問題を解決する最も有効な方法が創業融資となります。

創業融資に特に力をいれている金融機関は日本政策金融公庫と京都信用金庫になります。

また、創業融資の審査は書類審査と面接審査になりますが、書類審査がより重視される傾向にあります。

審査のポイントは、開業するためにどれだけの準備をしてきたかを伝えることとなります。


京都で会社設立をするときの注意点

京都で開業する場合、個人事業主として開業するケース、会社を設立し法人とし開業するケースが考えられます。

一般的に法人のほうが社会的信用があり、法人でないと取引をしてくれない企業も多数見受けれます。

ですが、創業融資に関しては個人事業主でも、法人でも審査方法は全く同じですので有利不利はありません。

むしろ法人の方が、会社設立費用や社会保険料など個人事業主に比べ支出が多くなりますので注意が必要です。


京都で開業をするときの注意点

京都で開業するときに特に注意が必要となるのは、開業場所となります。 京都にはさまざまな特徴をもった場所があります。

例えば、オフィス街でサラリーマンが多い場所、

京都駅周辺や神社仏閣などの観光地で海外の観光客が多い場所、

学校の近くで下宿生や住人が多い場所、

ホテルなどの建築ラッシュで土地が値上がりしている場所さまざまございます。

ご自身が開業を検討されている事業のターゲット、価格帯、集客方法や改装の必要性、家賃の金額に合った場所を慎重に選ぶ必要があります。


万全の状態で開業するには

弊事務所では、毎月、さまざまな業種で開業される方のサポートを行っております。

開業に向けては慎重に計画を練っておられると思いますが、それでも開業してからでないと気が付かないことは多々ございます。

そういった不測の事態に対し出来る限り対処うる準備を整えてから開業されることをお勧めします。

京都で開業を検討されている方はぜひお問合せ下さい。

初回相談は無料となっております。

創業融資専門家コラムの最新記事

ページ上部へ戻る